− ワイナリー紹介 −

Allée Bleue Wine Estate


Allée Bleue(アレ・ブルー)ワイナリーのある地域はフランシュック(フレンチフック)と呼ばれています。この地は、宗教革命によってフランスを追われたフランスの修道士たちが1600年代に移り住んだ所です。
彼らはこの地で、南アフリカ最初のワインを作りあげました。フランシュックの街並みは、いまでもフランスの風情を止めています。

アレ・ブルーのワインの特徴

 アレブルーのワインは、ヨーロッパのトレンドを取り入れつつ、南アフリカらしい果実味を生かしたエレガントな味わいを追求しています。いずれも、高品質の素材を惜しみなく使って作りあげています。醸造所を訪ねると、フレンチオークの新樽のバニラの香りに驚くことでしょう。